全国対応可能 中小ECのライバルと差別化するためのスピード経営をサポート

低価格でサービスを行うことができる理由

弊所が低価格でサービスを行うことができる理由は、一番のクラウド会計を利用していることです。

クラウド会計とは、預金、クレジットカードなどの自動取り込みにより経理を自動化するアプリのことです。

freee(フリー)又は、MFクラウド会計の2種類のクラウド会計を利用しています。

2種類のクラウド会計を利用する理由は、それぞれに操作性、機能が異なり、お客様にあったクラウド会計をご提案するためです。

クラウド会計によるメリットは大きく2つです。

経理作業のスピードアップとリアルタイムで経営内容が把握できることです。

経理作業のスピードアップできる理由

クラウド会計とは、金融機関から入出金にかかる明細を自動取得し、会計ソフトに取り込みを行います。

クラウド会計は、国内の金融機関のみならず、Paypalなどの国外の金融機関からの自動取り込みを行うことができます。

自動取り込みを行うのは金融機関だけではありません。

売上に関して販売委託サイト先のアマゾン、楽天、カラーミーなど出品としての売上や手数料情報やGMOなどのクレジット売上に関する情報、

仕入、経費に利用するクレジットカードの明細情報の自動取り込みを行うため、

経理作業を大幅に効率化でき、従来の経理作業に比べ、大幅なスピードアップを行うことができます。

また、従来ですと、税理士事務所からお客様にご準備の依頼をさせていただく資料も、

以下の表のように少なくなりますので、お客様の手間も少なくなります。

資料

リアルタイムに経営内容の把握できる理由

税理士事務所が従来の会計ソフトを利用する場合、まず、上記の表のようなお客様の資料をご依頼させていただくことなります。

その後、お客様から資料をお預かりし、税理士事務所が会計ソフトに入力し、

紙ベースで出力したものをお客様にお届けし、経営に関する数字を把握することができます。

ネット通販業の方は、一般に取引量が多く、会計処理が複雑になるため、

1月分の経営内容のご報告が1か月以上遅れてしまうこと通常だと思います。

しかし、クラウド会計を利用すれば、お預かりする資料が少ないため、以下のようにスピーディーに税理士事務所で作業を行うことができます。

低価格理由

以上のようにお客様へのご報告までに従来の会計ソフトによると30日以上かかってしまうのが、

クラウド会計によれば、15日以内でご報告可能になります。

このように弊所ではクラウド会計を利用しているため、低価格と短納期が実現でき、

お客様に負担感の少ない、かつ、スピーディーなサービスを行うことができます。