全国対応可能 中小ECのライバルと差別化するためのスピード経営をサポート

スピード対応・無料相談受付中/お気軽にご相談ください

受付時間
9:00~19:00

スピード対応・無料相談受付中/お気軽にご相談ください

受付時間 9:00~19:00

freeeで同期したPayPal(ペイパル)とクレジットカードが2重にならないための会計処理を解説

今回は、PayPal(ペイパル)を使って日本国内で商品を購入した場合、freeeではどのように入力したらいいのかについてご説明します。

尚、対象となるのはペイパルを商品購入にしか使っていない方になります。

※2017年4月現在、freeeではペイパルの日本円の動きしか取得出来ません。

 

明細の処理については、

freee上部にあるメニューの口座→明細の一覧からするのがおすすめです。

paypal20170421

 

 

以下はペイパルを使って仕入れた場合の明細一覧です。

前提としてfreeeに銀行口座・クレジットカード・ペイパルを登録しておく必要があります。

※freeeに銀行口座・クレジットカード・ペイパルを登録する方法はこちらをご覧ください。

paypal021.クレジットカードを使ってペイパル口座にお金を入金するという流れになるので、「口座振替・カード引落し」を使います。上記①の明細をクリックし、以下のように入力することでペイパル口座にクレジットカードからお金を入金することが出来ます。

paypal20170421a
2.①の明細入力が終わったので次は②を見てみましょう。

 

「ペイパルの明細一覧の入金額に100円とあるので、同じように口座振替・カード引落しから、ペイパル口座にお金が入ってきたように入力しよう」

 

そう思った方、半分正解で半分間違いです。

 

たしかに②単体で見ると問題はありません。

しかし、①ですでにクレジットカードを使ってペイパル口座に入金をしたという処理をしているため、

②で同じことをすると二重計上になってしまいます。

 

このような場合は、freeeの無視機能を使用します。

 

どのようなものかご説明しますと、その名の通り明細をなかったことにする機能です。

freeeには銀行口座やクレジットカード等の明細を自動で取得してくれる機能がありますが、

今回のように登録しているもの同士でお金の移動があり、どちらにも明細が出ている場合は、片方を無視するといった処理が必要になりますのでご注意下さい。

 

入力方法は該当する明細の一番左にあるチェックボックスにチェックをいれ、無視ボタンを押すだけになります。

もし間違ってもすぐに元に戻せますのでご安心ください。

paypal20170421b

 

 

 

 

 

 

 

3.③はペイパル口座からお金が減る、つまり商品を仕入れたという明細になりますので、通常の仕入の明細と同じように入力します。

※取引先と品目は必須項目ではないですが、入力することによりfreeeの機能である各種レポートを効果的に使うことが出来るため、なるべく設定することをおすすめします。

paypal20170421c

 

 

4.④はクレジットカードを使用したので、翌月銀行口座から使用分の引落があったという内容になります。このような場合は口座振替・カード引落しから入力します。

paypal20170421d

 

 

以上がPayPal(ペイパル)から仕入れた場合のfreee上で行う入力になります。

 

一見すると大変な作業に思えますが、freeeは一度入力した処理をAIが学習していくため、二回目以降は勝手に勘定科目等を推測してくれます。さらに、毎回決まったパターンなものは、自動仕訳登録機能を使うことで、そもそも処理をするといったことが必要なくなり、明細を自動取得した段階でもう処理が終わっている状態になります。

 

このように、freeeには入力作業の補助をしてくれる機能が多数備わっており、ペイパルの取引にも使えますので、ぜひ有効活用して入力作業という負担を減らしていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA