全国対応可能 中小ECのライバルと差別化するためのスピード経営をサポート

スピード対応・無料相談受付中/お気軽にご相談ください

受付時間
9:00~19:00

スピード対応・無料相談受付中/お気軽にご相談ください

受付時間 9:00~19:00

インターネット小売業に最適な決済ツールPayPal (ペイパル)とは

いまや決済代行サービスとして世界的に知名度・利用者数ともに認知されているPayPal (ペイパル)という決済ツールですが、初めて聞いた方や利用される方にはピンとこない部分が多いかと思います。

 

今回はこのPayPal (ペイパル)がどのようなツールで、どのようなメリットがあるのかを説明していきます。

  • PayPalとは

はじめにPayPalとは、アメリカ企業のPayPal社が提供するオンライン決済代行サービスであり、世界190か国・1億人以上が利用者を有する最も認知度の高い決済代行サービスです。

  • PayPalのメリット

オンライン上での代金決済に有効であり、各国の通貨間取引にも対応しているためグローバルな取引に利用できます。

また、自身のPayPalアカウントにクレジットカードを登録することにより、クレジットカードからPayPalを経由して通貨間取引の決済を行うことも容易です。

PayPalアカウントの開設費、年会費は無料であり、インターネットの環境があれば誰でも簡単に開設することができるため、クレジット決済で売上金額を受取る際にはカード会社を入れるよりも低コストでスタートすることができます。

さらに、ほぼリアルタイムでの決済となるので、仕入れ・売上の決済にタイムラグが生じにくいというメリットがあります。

 

また、世界最大のインターネットオークションサイトである「イーベイ(eBay)」との連携に優れており、「イーベイ(eBay)」で仕入・売上の決済をする際にはPayPalを通じての取引となります。

 

  • インターネット小売業との関連性

世界的なEC市場の拡大により、日本でも個人から法人まで小売り業を営む企業の数は増加しています。

 

日本で仕入れ、日本国内で販売をする国内小売り。

海外から仕入れ、日本で販売をする輸入小売り。

日本で仕入れ、海外に向けて販売する輸出小売り。

 

様々な形態のインターネット小売が存在する中で共通することは、現金手渡しの売上がほとんど存在しないという事です。

では、みなさんはどのようにして売上の決済をされていますでしょうか?

PayPal(ペイパル)

 

上図のように、PayPalを使えば仕入から売上までの決済をPayPalを通じて行うことが可能です。

また、PayPal・クレジットカード・預金口座の利用情報を自動的に取り込む「マネーフォワード」や「freee」といった会計ソフト(クラウド会計)との相性が良く、経理の面からも改善が見込まれます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA