eBayセラーのPayPalの仕訳・経理処理の3つのステップを徹底解説

eBayは世界最大のオークションサイトで、利用者は世界で1.6億人・セラー数は2500万人と言われているようです。

EC、ネットショップなどの小売業者で、eBay(イーベイ)を通じて輸出販売を行っている方も多いと思いますが、eBayは、ドル建てで入金されるため、通常の経理方法と異なります。

ここでは、eBayセラーの方の仕訳・経理処理方法について説明しています。

 

eBayセラーの方の経理処理方法の全体の流れ

 

eBayセラーの方の経理処理を行うためには、3つのプロセスに分かれます。

①PayPal明細のダウンロード
②PayPal明細を日本円へ換算=会計ソフトインポート用のデータを作成
③会計ソフトへインポートする

以下で①~③についてそれぞれ説明していきます。

 

eBayで販売した際のお金の流れ

eBayで販売した売上はすべてPayPal(ペイパル)というインターネット決済サービスに一旦入金されます。

その後、PayPal(ペイパル)からPayPalへの手数料が3.5~4%差し引かれ、日本の預金口座に移動しているセラーの方がほとんどだと思います。

預金口座にPayPalにストックされている売上を引き出した場合、通帳にはPayPalからの入金として記帳されます。

経理上、この金額を売上として処理している方は注意してください。

この情報だけでは、「いつの期間の売上」で「いくらの手数料がかかっているのか」が分かりません。

eBay経理で必要なのは、PayPalの取引情報を読み取る必要があります。

そもそも、PayPal(ペイパル)は2015年までeBay(イーベイ)の子会社として運用されていたこともあり、日々のeBayでの売上やeBayの出品手数料などの取引詳細はPayPalの明細に載ってきます。

eBayで販売を行っている場合、売上金額が大きくなるとPayPalデータ大量の数になってしまいます。
このPayPalの動きをドルから円へ換算し、手入力で弥生会計などに入力することは、非常に時間がかかってしまいます。

そこで、以下の方法でダウンロードしたCSVデータをドルから円換算し、弥生会計などの会計ソフトにインポートすることで仕訳の時間数を短縮することができます。

 

PayPal明細のダウンロード手順

以下、PayPalの明細をCSVデータでダウンロードする手順です。

(PayPal明細ダウンロード手順)

  1. トップ画面の上部、「取引」をクリック
  2. 画面右側「明細」より、「取引履歴のエクスポート」を選択
  3. 日付を指定し、「ダウンロードするファイルタイプ」を「コンマ区切り、すべての取引」で指定
  4. 「取引履歴のダウンロード」で完了

明細には取引に使われた通貨・売上の総額・決済手数料・正味の入金額が記載されているので、この情報を使うことをお勧めします。

PayPalデータのドルを円ベースへ換算

このようにダウンロードしたドル建てのCSVデータを円換算しなければ、経理処理できないため、データごと弥生会計などの会計ソフトへ一括でインポート用のデータを作成します。

PayPalのダウンロードは月別に行うと良いと思います。

月別のレートの変動を売上に反映させて収支を把握したほうが良いからです。

通貨がドルやユーロ等の外貨の場合は取引日の円の換算レート、もしくは月間の平均レートを使って処理します。

経理処理の場合の為替レートの使い方と調べ方はこちら

このステップで円ベースのeBay売上に関する金額やeBayの出品手数料に関するデータが出来上がりました。

日本円へ換算したPayPal明細を会計ソフトへインポート

出来上がった日本円ベースのBay売上に関する金額やeBayの出品手数料に関するCSVデータを会計ソフトへ取り込みます。

CSVデータはそのままで会計ソフト取込ができないので注意してください。

各会計ソフトごとにあったインポート形式でCSVデータを加工する必要があります。

弥生会計のインポート形式はこちら

freeeのインポート形式はこちら

eBayセラーの方におすすめ会計ソフト

このようにebay売上がある場合、Paypalデータをダウンロードし、その後円換算し、各社の仕様のデータに加工することはそれなりに手間がかかってしまいます。

クラウド会計ソフトである「MFクラウド」を使っている場合、PayPalを同期させると、日々の取引をその日のレートで換算した金額で自動で取り込んでくれます。

 

そして、MFクラウド会計のすごいのは、ワンクリックで仕訳、経理処理が終了してしまうことです。

また、仕入をクレジットカードで行っている場合、クレジットカードデータを自動取り込みを行うので、売上、仕入ともに自動で経理処理を行うことが可能です。

MFクラウドを使えば、ebayセラーの方の経理処理の時間を大幅に短縮させることが可能ですので、是非使ってみてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です