全国対応可能 中小ECのライバルと差別化するためのスピード経営をサポート

ドル建てのPayPalをfreeeで経理処理する方法を5つのステップで解説

freeeでは、Paypal(ペイパル)口座の連携機能が備わっているものの、日本円の取引については、対応していますが、ドル建ての場合など外貨建ての場合には対応できていません。

特にeBay(イーベイ)セラーでPaypal(ペイパル)へ日々売上が入金されている場合、ドルで入金されているPaypal(ペイパル)を経理処理しなければ、肝心の売上を処理することが出来なくなってしまいます。

freeeユーザーの方向けに、eBay(イーベイ)セラーでPaypal(ペイパル)へのドル建てで入金される際の仕訳・経理処理について説明しています。

特に、メイン売上又は売上の大半がeBay(イーベイ)の方向けの記事になります。

日本口座への入金時に売上処理することができるのか

まず、思いつく方法としては、Paypal(ペイパル)口座から日本口座へ入金時に売上処理することができるのかについてです。

残念ですが、この方法は経理上認められた方法でありません。

売上は、出荷時に経理処理する必要があるからです。

よって、Paypal(ペイパル)の入金時=eBay(イーベイ)売上処理のタイミングとなります。

では、次にPaypal(ペイパル)の入金時にどのように経理処理を行うのかについて説明します。

ドル建てPaypal(ペイパル)口座をfreeeで仕訳・経理処理するための5つのステップ

ドル建てPaypal(ペイパル)口座をfreeeで経理処理・仕訳を行うには、以下のほかにも、色々な方法があります。

大量の取引がある方のfreeeでドル建てPaypal(ペイパル)口座を経理処理・仕訳処理をこれまで行ってきて、やりやすいと思う方法は、以下のような5つのステップになります。

①ドル建てのPaypal(ペイパル)の明細をCSVでダウンロードする
②ダウンロードしたドル建てのPaypal(ペイパル)明細を日本円へ計算(換算)する
③日本円に換算したPaypal(ペイパル)明細をfreee取込形式へ加工する
④freee取込形式へ加工した日本円のCSVデータをfreeeへ取り込む
⑤freeeへ取り込んだ日本円のCSVデータをfreeeで経理処理・仕訳を行う

5つもステップがあり、大変そうと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、これら決まった形を繰り返すだけなので、大切なのは慣れることができるかどうかだと思います。

そして、売上をきちんと経理処理しないと、いくら利益がでているか把握することができなくなってしまい、どんぶり経営になってしまいかねません‥

慣れるまでが大変かと思いますが、一度試してみて、自分流のデータ加工法などやりやすい方法を編み出してください。

①ドル建てのPaypal(ペイパル)の明細をCSVでダウンロードする

以下のような形式でPaypal(ペイパル)にログインし、1か月分のドルベースの取引データをCSVでダウンロードします。

Paypal(ペイパル)の取引履歴を以下のステップでダウンロードします。

  1. トップ画面の上部、「取引」をクリック
  2. 画面右側「明細」より、「取引履歴のエクスポート」を選択
  3. 日付を指定し、「ダウンロードするファイルタイプ」を「コンマ区切り、すべての取引」で指定
  4. 「取引履歴のダウンロード」で完了

②ダウンロードしたドル建てのPaypal(ペイパル)明細を日本円へ計算(換算)する

この日本円への換算のステップが一番大変かもしれません。

ダウンロードしたPaypal(ペイパル)の取引履歴には経理処理・仕訳に必要な以下のような情報が含まれています。

日付=取引発生日
名前=購入者、支払先
タイプ=決済内容、取引内容
総額=eBay(イーベイ)控除前のドル建ての売上金額、銀行口座へのドル建ての入金額、月間のeBay(イーベイ)手数料
手数料=売上に対するeBay(イーベイ)手数料
正味=総額-手数料
残高=Paypal(ペイパル)口座のドル建て残高

ここで、ダウンロードしたPaypal(ペイパル)の取引履歴には、ドルの残高増減に関係しない取引が含まれています。

(1)freee上でPayPal(ペイパル)口座の作成

ドルの残高増減に関係しない取引=Paypal(ペイパル)の取引履歴から削除するべき取引となります。

削除すべき取引かどうかは、「タイプ」「ステータス」から判断します。

ここで一番大変になるのが、同じタイプでも削除すべきケースとそうでないケースが以下のように混在しています。

必ず削除の対象となる取引
・タイプ:キャンセル済み手数料
・重複している通貨換算の取引

削除対象になる場合の取引と削除対象とならない場合が混在している取引
・タイプ:受け取った請求書
・タイプ:送付した請求書
・ステータス:キャンセルの場合でタイプがecheck受取の更新
・タイプ:モバイルエクスプレス チェックアウト支払い受取り ステータス:キャンセル

削除対象となる取引とそうでない取引を正しく判断し、漏れなくfreeeへ反映させるには、Paypal(ペイパル)の削除する前に取引履歴を計算式で「残高(ペイパル上の実残高)」と「計算上の残高」の差額を計算上の残高計算しながら削除することが必要になります。

「前日残高」+「正味(当日のネットの増減」=「計算上の残高」と「残高(ペイパル上の実残高)」のズレがないことを確認できたら、このステップは終了になります。

ドルの残高増減に関係しない取引を削除した後は、ドルベースのPaypal(ペイパル)取引履歴を日本円へ計算するステップに移ることができます。

(2)ドルから日本円へ計算する

ドルから日本円へ計算するには、2つの方法があります。

①総額と手数料を日本円へ換算する方法
②正味のみを日本円へ換算する方法

①の方法をとるメリットは、売上に対するeBay(イーベイ)手数料をfreeeのレポートの損益計算書上で把握することができるようになります。

しかし、デメリットとしては、手数料に関して、ダウンロードしたPaypal(ペイパル)の取引履歴を総額と手数料をそれぞれ別の列に表示した形にPaypal(ペイパル)の取引履歴を加工する手間が必要となります。

簡単なのは②ですが、freeeのレポートの損益計算書上で数字をきちんと見たい場合には、①がおすすめです。

ここでは、説明が複雑になるため、①へのデータの加工方法について説明しません。

そして、ドルベースのPaypal(ペイパル)の取引履歴を円に計算する方法は2つの方法があります。

取引日ごとの円とドルの交換レートを使ってドルを円に計算する方法‥日々のレートで計算
1月ごとの平均の円とドルの交換レートを使ってドルを円に計算する方法‥平均レートで計算

①は、取引量が大量になると大変になるので、②の平均レートを使うのがおすすめです。

そして、レートには、TTS、TTB、TTMなどがありますが、原則的には、TTMのレートを使って日本円に換算します。

経理処理に使う為替レートの調べ方についての詳しい説明はこちら

③日本円に換算したPaypal(ペイパル)明細をfreee取込形式へ加工する

次は、ドルから日本円へ計算したPaypal(ペイパル)の取引履歴をfreee取込形式へ加工します。

まず、freee取込形式に必要な情報は「取引日」「出金額」「入金額」「取引内容」「残高」の5つの以下のような簡単なcsvデータになります。

以下がPaypal(ペイパル)の取引履歴とfreee取込形式データの対応表になります。

Paypal(ペイパル)取引履歴 freeeの取込形式データ
日付 取引日
総額、手数料、正味 出金額
総額、手数料、正味 入金額
名前、タイプ 取引内容

以上の表のようにPaypal(ペイパル)の取引履歴データをfreee取込形式のCSVへ加工します。

サンプルとしては、以下のようなCSVデータになります。

 

④freee取込形式へ加工した日本円のCSVデータをfreeeへ取り込む

日本円のCSVデータを取り込む前に、freeeでPayPal(ペイパル)の預金口座を作成します。

freeeでは、PayPal(ペイパル)を口座として認識していないため、残高管理機能が付与されていないからです。

(1)freee上でPayPal(ペイパル)口座の作成‥初回のみ

口座の作り方は「口座」より、検索窓にその他と入力するとその他口座が表示されるので選択すると、トップページにその他口座が作成されます。

 

そして、トップページより、その他口座をクリックすると、以下のような画面になるので、歯車マークをクリックすると口座名を「その他」から変更できるので「PayPal(ペイパル)」など名前を付けて口座を作成できます。

口座名を「PayPal」とすると、freeeで連携できる日本円アカウントとかぶってしまうので、別の名前にする必要があるのでご注意ください。

ここまでがfreeeでPayPal(ペイパル)預金口座を作成するステップです。

(2)freeeへ日本円データの明細のアップロード

次が最後のfreeeへの取り込みのステップになります。

取込は上記の歯車マークが表示されている画面の一番左の「明細のアップロード」から行います。

すると上の画像のような画面なるので、日本円PayPal(ペイパル)の取引明細データをドラックし、そのまま「次へ」を選択します。

以下のような画面になるので、今回作成したデータの場合、出金額と入金額を別々の列になっているため、「別の列に入っている」をクリックします。

後は、以下のように「取引日」「出金額・決済額「入金額・受取額」「残高」「利用内容・摘要」を割り振れば、完了です。

後は、通常の連携・同期した預金口座と同じように口座メニューから「明細の一覧」から登録するか、トップ画面の口座より経理処理することができるようになります。

 

このようにfreeeでドル建てのPayPal(ペイパル)口座を処理する場合、いくつものステップを経なければいけませんし、データ量が多い場合には、慣れないうちはかなり時間がかかってしまうケースがあります。

PayPal(ペイパル)データをfreeeで経理処理する場合のまとめ

以上を細かくまとめると全体でみると以下のようなステップになります。

①ドル建てのPaypal(ペイパル)の明細をCSVでダウンロードする
②ダウンロードしたドル建てのPaypal(ペイパル)明細を日本円へ計算(換算)する
(1)ドルの残高増減に関係しない取引=Paypal(ペイパル)の取引履歴から削除
(2)ドルから日本円へ計算する
③日本円に換算したPaypal(ペイパル)明細をfreee取込形式へ加工する
④freee取込形式へ加工した日本円のCSVデータをfreeeへ取り込む
(1)freee上でPayPal(ペイパル)口座の作成‥初回のみ
(2)freeeへ日本円データの明細のアップロード
(3)freee上で口座の経理処理・仕訳

これらのステップを全てを行うことができず、ドルベースのPayPal(ペイパル)のfreeeへの取り込みを断念する場合もあるかと思います。

そんな時におすすめなのがMFクラウド会計のドル建てのPayPal(ペイパル)口座の連携機能です。

MFクラウド会計のドル建てPayPal(ペイパル)口座の連携機能について

MFクラウド会計のドル建てのPayPal(ペイパル)口座の連携機能では、日々のドル建てPayPal(ペイパル)口座の取引、増減を日々のレートで計算し、自動取得することが可能です。

そして、MFクラウド会計の連携機能では、総額と手数料を分けて日本円へ換算するためペイパル手数料を損益計算書上に費用として処理することが可能です。

eBay売上金額が大きい場合でも、MFクラウド会計を使えば、簡単に売上処理することができます。

どうしてもfreeeへ強い愛着がある方などは難しいかもしれませんが、どうしてもドル建てのPayPal(ペイパル)口座が難しい場合、時間がとられてしまう場合などはMFクラウドの導入を検討されてもいいかもしれません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です